気になるレーシック手術の使用器具

レーシックとは角膜に対してエキシマレーザーというレーザーを照射して、屈折率の矯正をしていくことで視力回復を目指すものです。
現在におきましては、テレビや雑誌でもレーシックが多く取り上げられるようになってきており、広く認知されてきています。 近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。
レーシックではまず角膜の表面をスライスし、「フラップ」と呼ばれている蓋状のものを作成していきます。
このフラップをめくった状態にしてからエキシマレーザーを照射していき、角膜を削り屈折率を徐々に矯正していきます。

 

レーシックは非常に精密な手術となっており、術後すぐに視力の回復が実感することが出来ると言われています。
しかし通常の生活に戻るためには、作成したフラップがきっちりと癒着してからとなります。



気になるレーシック手術の使用器具ブログ:22/1/23

「朝方、早く起きて一緒に歩かないか?」

旦那がそう言ったのは、5年前の秋の終わりのことだった。

ズボンのサイズがきつくなってきて腹周りを気にしている、
なにかトレーニングを始めた方が良いかもしれない…
という話の流れから出た言葉だった。

当時、あたくしは妊娠中で、安定期にはいっていた。
体重管理と体力作りのために、
やはりからだを動かした方が良いと主治医に言われていたが、
妊娠中にできるトレーニングは限られている。
旦那の提案は、渡りに船だった。

こうしてあたくしたちは、次の日から歩き始めた。

いつもより1時間ほど早く起きて、
まだ薄暗い街の中を歩く…

人気がない住宅街は、ちょっとした異次元空間のように見えた。
住宅街を抜けて川沿いの道に出ると、東の空がほんのり明るくなり始め、
モノクロだった世界は、太陽の光の登場で突然目覚める…

あたくしたちは、いろいろな話をしながら歩いた。
さわやかな風とまぶしい太陽の光のなかでは、
未来について話すことが最もふさわしいように思う。

生まれてくるお子様のこと、
理想とする家庭像…
話は尽きることがなかった。

朝方の散歩の効果かどうか、お子様の出産は安産だった。
旦那も、ズボンを買い替えずに冬を乗り切った。

けれど、あの時間がくれた最大のプレゼントは、
あたくしたちがお互いへの理解を深めたことだった。

とりとめのない会話ではあったが、
これから新しい家族を迎え、一から家庭を築いていく上で、
なくてはならない重要な土台を
二人で作り上げていくことができたように思う。


ホーム サイトマップ