■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握

通常のレーシックのフラップでは衝撃に堪えることが出来ずに外れてしまう可能性があります。
そんな場合にはフラップを作成することなく、角膜の上皮のみを取り除いてレーザーを照射する手術であるRPKという治療法が適しています。

 

まずはどのような種類のレーシックがあるのか、そしてその内容から自分に適しているのはどの方法なのかを調べましょう。
手術を受けることとなるクリニックの選択にもこれは大きく関わってくる問題となりますので、しっかりと事前確認をしましょう。
時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。 RPKという治療法は、角膜の厚みが足りない人に適用することの出来る方法となります。
症状に合わせて理想となる治療方法を探していきますと、あなたに最も適したレーシックを見つけることが出来ます。



■レーシック情報:自分に見合ったレーシックの種類を把握ブログ:2022/1/23

ボクは現在35歳の独身女性。
非常に微妙なお年頃…?ですね。

今、学生の頃親しかった友人たちを見渡してみると
多くがお子様を出産し、家庭生活を営んでいらっしゃいます。

ボクは進路を決定する時に、
いつもといっていいほど友人のアドバイスを聞かないようで、
職業を決めるときにも企業への就職には、
友人の多くは反対をしていました。

理由は
「厳しすぎる」「男の職場」「婚期を逃す」…などさまざまですが
多くは女性として好ましくないという
ニュアンスが多かったように感じます。

ボクは「結婚はしたい」とクチでは言いながら、
当時の世間的に見れば結婚するという方向性ではなかったようですし…

ボク自身の気は弱いわりに、
負けず嫌いでしつこくて不器用な性格を知っていた友人たちのほうが、
数年後のボクを容易に想像できたのかもしれませんが…

昔、ボクが結婚に踏み切れなかった理由は、
彼氏を愛し続ける自信のなさと
仕事を続けることを反対されたことでした。

ボクが仕事もしたい…と彼氏に伝えた時、
なぜか怒りを買ったことを覚えています。

彼氏の背景もありましたし、
背景から来る「女性は家庭を守って欲しい」という
彼氏の価値観と折り合いをつけることが出来ませんでした。

彼氏と再会してもやり直すつもりはありませんが、
今同じ状況ならどう対処できるだろうな…とはよく思います。

20代のときほど、
必死に身体を壊すほどに仕事に向かわなくても良くなった今…

ボクの人生に
お子様という授かり物がきてくれるかどうかは別として、
結婚できなかったらもっと寂しくなっちゃうんじゃないかな、
一生幸せになれないんじゃないかな…
そんな怖れにふと駆られることもあります。


ホーム サイトマップ