■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックの手術自体は、妊娠中や出産した直後でも、十分に受けることは可能となっているのです。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。

 

妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。
「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。 レーシックの手術が終わった後に使用される点眼は、少量ですが体内の赤ちゃんに吸収されてしまう可能性もあります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。



■レーシック情報:レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:2022/1/08

みなさまは減量を始めようと思ったら、
どこから手をつけますか?

たぶん多くの人は、
食べる事を制限するというところから手をつけるような気がします。

確かに食べる事を制限すれば、
体重が増えるのを抑えることができます。

しかし、食べる事制限を
ダイエットの柱にすることは
よくないんじゃないでしょうか?

なぜなら、
「食べる事をしない=減量」
という公式が出来上がってしまうからです。

もっと言うと、
「食べること=罪悪」
という意識につながっていくことも
十分に考えられます。

すると少しでも好きな食べる事をすると、
自分を責め、減量に挫折してしまう場合も目立ってきます。

また
「食べること=罪悪」という意識があまりに強くなっていくと、
「拒食症」に陥ってしまう可能性もあります。

拒食症の人の中には、
減量がきっかけで、
深刻になっていったという人は少なくないのです。

拒食症になると、食べ物を受け付ける
ことができなくなってしまいます。

ですから早く治療を行うことが必要になってきます。

治療をして、拒食症の症状を抑えたからといって、
安心することはできません。

というのも、拒食症の次には
全く逆の症状である「過食症」が襲ってくるリスク
があるからです。

このようなことを続けていれば、
健康な体質を手に入れることはできません。

また、骨粗鬆症という病気が
女性の間で発病することが多いそうですが…

この骨粗鬆症、極端な食べる事制限をしたことによって
発症する場合があるといわれています。

減量以前に、
俺たちは食べる事をすることで栄養分を確保し、生きています。

たとえ減量中でも
きちんとした食べる事をとることが基本中の基本だと思います。


ホーム サイトマップ