【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない

レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
またはレーシックを受ける時以上に視力が低下してしまうこともあるので注意が必要です。

 

今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
レーシックを考えてる方は、なるべく20代後半に受けるようにしましょう。
最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。 レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合、近視の進行は20代後半で止まると言われていますので、20代後半にレーシックを受けた人はまず視力が戻ること無いと言えます。



【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ないブログ:22 1 22

減量で偏ったご飯をすると、
ビタミン・ミネラルなどの栄養が不足しがち…

きれいに減量を成功するためには、
上手にカロリーコントロールして、
いろいろな食材から
バランスよく栄養を取り入れることが大切です。

健康的な減量のためにも、
特に不足しやすい栄養素は
意識して取り入れましょう。

まず、
食物繊維は減量中だからこそ
しっかり摂りたい栄養素のひとつです。

減量中は、
食事量が減ることで便秘になりがちです。

食物繊維は腸内で
コレステロールの吸収を抑制する働きもあります。

食物繊維を連日しっかり取り入れて、
体質の中からすっきりしましょう。 

また
ビタミンB群も減量に必要ですが、
中でもビタミンB1は糖質代謝、ビタミンB2は脂質代謝に不可欠。

不足すると効率的にエネルギー変換できなくなり、
だるさや倦怠感、ニキビなど体質に不調がでてきます。

燃えやすい体質を作るために、
ビタミンB群はバランスよく摂りましょう。

鉄も減量で不足しやすいもののひとつ。
全身に血液を送るのに必ず必要になる鉄は、
不足すると貧血、立ちくらみ、だるさ、倦怠感などを招きます。

特に女性は生理の関係で一定量を失うため、
鉄分の多い食品や野菜・乾物などを組み合わせて十分に摂りましょう。
鉄分はビタミンCをプラスすることで吸収率が高まりますよ。

そして
現代人のカルシウム摂取量は不足ぎみ。
だからこそ減量中も積極的に取り入れたいもの。

カルシウムは骨粗しょう症を防ぐばかりでなく、
ストレス防止やホルモンの分泌をうながす作用もあります。
丈夫な体質を作るためにも、24時間600mgを目標にしましょう。