一度も風俗を利用したことの無い方へ

"ただ単に風俗と言いましても、その種類は非常に多くあり、様々な性癖を解消してくれます。
もちろん多くの風俗では営業許可を取得しているので決して違法行為ではありません。
抜きキャバの料金設定は、時間帯によって変化する変動性料金が採用されています。
このことから昼間の時間なら5000円程度で抜きを楽しむことが出来ます。

 

抜きキャバはキャバクラのような店内レイアウトとなっており、女の子は口を使ってサービスをしてくれます。
ファッションヘルスのように個室がありませんので、他のお客さんや女の子から丸見えとなっています。

 

ピンサロも抜きキャバと同様に飲食業として営業許可を申請しているのでシャワーを設置していないく、おしぼりであそこを綺麗にします。
抜きキャバでの主なサービスは、キスや胸や秘部へのタッチ、フェラチオなどといった比較的ソフトなサービスとなっています。"



一度も風俗を利用したことの無い方へブログ:31-12-21

お酒は高カロリーな物が多いので、
ダイエット中はなるべく控えたほうがいいのですが、
お酒を我慢する事で、ストレスが溜まってしまったりするようなら、
上手にお酒を飲みましょう。

お酒は全て脂肪になりそうなイメージがありますが、
お酒を飲んだときにからだが熱くなるのは、
からだが熱を作りだしているからなんだそうです。
その結果基礎代謝がアップし、カロリーが消費されやすいんですよね。

よく「ビール腹」という言葉を耳にしますが、
この原因の多くは、
おつまみや飲んだ後の炭水化物の摂取から来ているようです。

お酒を飲むことによって、
とくに糖質を元に脂肪を作る働きが活発になり、
そこでおつまみなどから糖質をとると、
普段より多く脂肪が蓄積されるんです。

なので、高カロリーのおつまみや、
飲んだ後の味噌ラーメンやライスは太るというわけです。

特に、夜遅くまで飲んで食べてすぐ寝るというのは、最悪なんです!
寝てる間は、さらに脂肪をためこむ働きがあるからです。

ものすごくお酒を飲むのに、痩せている人をよく目にしますが、
その人たちの多くはおつまみをほとんど食べないからなんです。
お酒だけの摂取なら、基礎代謝がアップしているので
ほとんど消費されてしまうのですね。

さらに、低カロリーのお酒の場合、
お酒のカロリーでは足りず、体脂肪も消費するからです。

でも、お酒の飲みすぎは肝臓のたんぱく質を削りとり、
肝臓を痛めてしまい、病気になる恐れもあります。
くれぐれも飲みすぎには注意しましょう。

お酒を飲む時は、
たんぱく質の多いおつまみを選ぶようにしましょう。


ホーム サイトマップ