日本国内でのレーシック実績

レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。 メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。
日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。

 

レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。



日本国内でのレーシック実績ブログ:2022年01月19日

最近は、
12時と24時が逆転した生活しかできないという人が
かなり多いみたいですよね。

昔は、そんな生活をしていれば、
24時には世間が稼働していないので
何かと不便だったものです。

ところが最近は、
終日いつでも、
基本的には、何をするにも困ることはありません。

なので、
12時と24時が逆転した生活でも、
特に不便な思いはしないかもしれません。

ただ、人間の体は、
午前中起きて太陽を浴び、暗くなったら眠るという事が
必要なメカニズムになっています。

このリズムが崩れると、
疲れやすくなったり、落ち込みやすくなったりと、
体が正常に機能しなくなります。

そういった生活リズムがとれない方は、
24時眠れないのが原因な事が多いようです。

24時、布団に入っても眠くならないのは、
神経が高揚しているからかもしれません。

これを治すには、
毎日の食べる事内容を改善するのが良いみたいです。

不眠症の原因といわれているものには、
食生活の欧米化が挙げられています。

日本人は本来、欧米人のように
高脂肪で高カロリーな食べる事に順応する体にはできていません。

どうしても、欧米風の食生活をしていると、
消化不良などが起こります。
胸やけが不眠の原因になってしまうのです。

それに
寝付けないからと、ビールを飲むのも駄目ですよ!
アルコールは、深い眠りを妨げてしまうからです。

その為、悪循環を起こし、
依存症にもなりかねないので注意してくださいね。

消化がよく、刺激の少ない和食は、日本人に最適な食べる事です。
是非、意識して
夕飯だけでも和食にしてみましょう!


ホーム サイトマップ