レーシックは両目に限ったことではない

視力が低下してしまい悩みを抱えている人の中には、両目ではなく片方の目だけが低下してしまっている人が多くいます。
この低下してしまった片方の目だけをレーシックによって回復させることが出来るのです。 テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。
レーシック手術によって片方だけの目を治療をすることに抵抗してしまう人も中にはいることでしょう。
しかし片目だけのレーシックというのはごく一般的に行われている手術方法の一つなのです。

 

両目の視力が異なるということは、決して珍しい症状ではなく、非常に多くの人に起こっています。
コンタクトレンズやメガネを購入する時にも、左右で度数が異なることがあります。そんな視力をレーシックで元通りにしてしまいましょう。



レーシックは両目に限ったことではないブログ:2022/01/02

減量の成功に効果的な食べ物選びで
注意しなければいけないのは、
「できるだけ冷たいものを避ける」ということです。

氷の入った冷たいドリンクは避けて、
温かい緑茶や紅茶、ココアなどを飲むようにしましょう。

また食事でも、温かいメニューを選ぶようにしましょう。
味噌汁やスープなどの温かい汁物を毎食加えるようにすれば、
からだが温まる上に、少量でもウエストが膨れるので、
ライスの食べ過ぎを防ぐという効果も期待でき、一石二鳥です。

そして一番大事なのは、
血となり肉となるたんぱく質をしっかりとることです。
いわゆる主菜といわれる、
肉や魚、卵の料理は必ず食事に取り入れましょう。

8時から食べるのはちょっと重い…という方でも、
「12時食と夕方食の1日2回」は食べるようにしましょう!

主菜が少ないと、減量の成功に必要な栄養素である
「たんぱく質(アミノ酸)」が足りなくなって、
内臓の働きが弱まり、筋肉も衰えてしまいます。

そうすると、
脂肪を燃やしにくく、ためやすい「低代謝」のからだになってしまい、
減量に失敗してしまうんです。

また、たんぱく質が足りないと、
減量の大敵である甘いおやつの誘惑にも
打ち勝てなくなってしまいますよ。

特に減量中にオススメなのは、
羊や牛、豚の赤身の肉です。

というのも、実はこれらの肉には、
「L-カルニチン」という
脂肪の燃焼を高める成分が含まれているからです!

「減量には脂身が少ない鶏肉がよい」
と言う人もいますが、
この成分は残念ながら鶏肉にはほとんど含まれていないのです。

実際、
「お肉は鶏のささ身しか食べません」という方に限って、
太りやすかったりするんですよ!

今日はおしまい!!!

ホーム サイトマップ
レーシックでの視力回復について レーシックで老眼も治療可能 術後の安定までの日数 レーシック後には感染症に注意